枝葉の数字の大小ではなく、価値の総和を意識していたい

非常に細かな単位とスピードで改善のサイクルを回していると、枝葉の数字だけで判断しがちになってしまうことがあります。

テストパターンではこの表現がオリジナルよりもよい結果だった、ページのヒートマップでセグメントAの方がBよりも行動喚起要素が注目されているようだ、といったケースもその一種です。

当然ながらこのようなケースでも、他の要素を加味して判断していることでしょう。クリックや注目度だけでなく、コンバージョンやサイト回遊の状況も必ず見ます。

ただ、「ユーザーのその場の反応」のみで優劣が判断されてしまう危険性を感じることがあります。特に、ページ上のイベントアクション単位や、セッション単位で判断する場合です。「その瞬間の判断すぎないか」というものです。

ユーザーが実際にアクションを起こすまでに、検討期間を含めて日数を要する商材の場合はどうでしょう? ライフタイムバリューを意識しなければいけない商材の場合もどうでしょう?

「そのときユーザーが期待していた行動を起こさなかった」というのは、ページ上の特定要素だけが影響を及ぼしているわけではありません。検討期間が必要だったり、家族への相談が必要だったりします。逆に、その場のアクションを急かすことで、すぐにキャンセルされたり、その後のアップセルやクロスセルがうまくいかなかったり、満足度の低下に繋がります。

ページ上のイベントアクション単位やセッション単位での評価判断は、ときに「刹那的だな」と感じます。枝葉の数字の大小に振り回されている感を感じ始めたら、ときどきプロジェクトの目的に立ち返って「ユーザーに何を期待していたのか」「この判断は価値を最大化するか」を意識していたいものです。


このコラムは、2017年2月13日発行のニュースレター「真摯レター」のコラムを再編集したものです。ニュースレターの購読はこちらから。

関連する記事

Webサイトの改善で、お困りではありませんか?

株式会社真摯は、2010年創業の伴走するWebコンサルティング会社です。「相談すると、次が見えてくる」ような伴走パートナーとして、クライアント様を支援しています。

コンサルティングサービスを見る » 実績を見る » 会社情報 »

真摯ニュースレターを購読

月1~2回ほど、ニュースレターをお届けいたします。いつでも購読解除できます。
サンプルを見る