お客様のビジネス改善に真摯に向き合い、伴走するWebコンサルティング会社です

ホーム > コラム、資料ダウンロード > Webビジネス改善のサイクル

Webビジネス改善のサイクル

Webビジネス改善のサイクル

この図は、真摯が考える「Webビジネス改善のサイクル」です。いわゆる「PDCA」などに代表される業務改善サイクルから、より明確に「現在の段階」を把握しやすく細分化したものです。

マーケティングフレームワーク「OGSM」とともに、真摯がお客様のビジネスを把握、分析し、最適な提案をしていく際の、基盤となる考え方の一つです。

「計画」なしに「実行」も「把握」もなく、
「把握」と「仮説」なしに「分析と改善案」もない

重きを置いているのは「計画」の部分です。

「計画」の部分を関係者でどれだけ考えかつ共有できているかが、価値の最大化につながると考えます。「計画」なしに「実行」も「把握」もありませんし、「把握」と「仮説」なしに「分析と改善案」はありません。

真摯は、Web解析(アクセス解析)やデータ分析を軸として、マーケティング視点とデータの根拠を元に、企業のWebビジネスの改善を支援しています。お客様からアクセス解析を含む改善のご依頼をいただいた際は、それが「計画」「把握」「仮説と分析」のどの段階でボトルネックになっているものなのか、要件を整理するところから始めます。

お客様にご確認いただく点も同じです。お客様が課題として認識していらっしゃる要件は、「計画」「把握」「仮説と分析」のどの段階なのか。

「計画」の重要性の認識を

「サイト改善」「集客の改善」「ビジネス改善」となると、すぐに戦術レベルや小手先のテクニックの話に落としがちです。しかし、戦略や定義、概念の部分から詰めておかないと、すぐに施策もその場しのぎになってしまいます。「把握」も「仮説と分析」ももちろんお手伝いするのですが、「計画」がおろそかになりすぎいていませんか、ということです。その重要な部分を、一緒に改めて整理していきましょう、そう真摯は考えています。

計画、KPI設計から改善までの流れ

計画、KPI設計から改善までの流れ

この「Webビジネス改善のサイクル」を流れとして図式化し、フローとしてまとめたのがこの「改善までの流れ」の図です。必ずしもこの順番に一方通行で進むわけではありませんが、特にWeb解析(アクセス解析)の領域を軸として「改善」に携わる場合は、このような流れが一般的と考えます。

つまり、サイトの目標や戦略戦術の把握、KPI設計がないことには、分析からの改善は容易には進まないということです。

お客様とともに、改善までの道のりを確実に歩めるよう、真摯はお手伝いいたします。

関連記事

OGSM マーケティングフレームワーク

発表

2012年2月2日 初出(makitani.com
2012年5月30日 加筆
2016年6月2日 図を一部改訂

伴走型Webコンサルティング » コンサルティングサービス »

真摯ニュースレターを購読

月1~2回ほど、ニュースレターをお届けいたします。いつでも購読解除できます。
サンプルを見る

コンサルティングサービス

コンサルティングサービス

株式会社真摯はお客様と真摯に向き合うWebコンサルティング会社です。マーケティング視点とアクセス解析などのデータ根拠を元に、ビジネスを改善いたします。
〒160-0022 東京都新宿区新宿4-3-17 FORECAST新宿SOUTH 6階 (アクセスマップ